張替えネット

ホーム > 製品&サービス > 張替えネット > 網戸の張替えを楽しもう!

網戸の張替えを楽しもう!

ご家庭の汚れが目立ってきた網戸、穴の空いた網戸、手軽に張り替えてリフレッシュしましょう!

張替えの動画を見る
ご用意していただくもの
  • NBCメッシュテックのネット(網目の細かさや色などをお選びください)
  • NBCメッシュテックの押えローラー
  • NBCメッシュテックの押えゴム

    (色はグレーとダークブロンズの2色、サイズはご家庭の古いゴムを少し切り取ってサイズ合わせをしてください。また、3.5mm~5.5mmのサッシの溝サイズに対応可能な共用ゴムビートもご用意しております)

  • ④ あると便利な張替えクリップ
  • ⑤ カッターナイフとハサミ(カッターナイフ付押えローラーもご用意しております)
  • ⑥ 小さめのマイナスドライバーまたはキリ
  • ⑦ 使い古しの歯ブラシ

・ぞうきん

01
それでは張替です

まず、張替える網戸の古い押えゴムのつなぎ目をマイナスドライバーの先で起こして押えゴムを外します。(この時、手にケガをしないよう注意してください)

02
古いネットの取り外し

古い押えゴムを外したら、古いネットをアルミ枠から取り外しましょう。

03
サッシの溝そうじ

古い押えゴムとネットを取り外したら押えゴムの入っていた溝を使い古した歯ブラシできれいにしていただき、アルミ枠もぞうきんでふいていただくと、汚れを気にせず、この後の張替え作業を進めることができます。

04
仮止め

アルミサッシの溝のそうじが終わったら、いよいよ新しいネットの出番です!ネットをアルミ枠より少し大きめに切り、巻きぐせが下に向くようにしてアルミ枠の上に置き、網目とアルミ枠が平行になるようにクリップで仮止めしてください。(四スミを仮止め)

ポイント
仮止め時に、新しいNBCメッシュテックのネットを伸ばして、しっかりと平行に仮止めできると、後の作業がスムーズに進めます!
押えゴムをコーナーに押し込む
05
押えゴムをコーナーに押し込む

NBCメッシュテックの押えゴムとローラーを使って、ネットを張っていきます。まず、アルミ枠のコーナーの部分にローラーの反対側の尖った部分を使って、押えゴムを3cm程押しこみます。

ポイント
必ず作業はアルミ枠に対して時計回りにおこなってください。左手での微調整が上手に張るためのカギです。
ローラーで押さえゴムを押し込む
06
ローラーで押さえゴムを押し込む

3cm程、押えゴムをアルミ枠の溝に押しこんだあと、その部分の上からローラーを進めながら押えゴムを押し込んでください。

ポイント
ローラーを進める際、押えゴムを進行方向にまっすぐ伸ばしておくと、溝に簡単に押しこむことができます。また、手元ばかりを気にしないで、全体にたるみが生じない様、注意しながら作業を進めてください。
07
ローラーでのコーナーの進め方

ローラーを進めてコーナーにきましたら、先程の押えゴムをアルミ枠に押し込む手順で、ローラーの反対側の尖った部分を使って、コ−ナーに押えゴムを押しこんでください。四辺全てに押えゴムを張り終われば、余りの押えゴムをハサミで注意しながらカットしてください。

ポイント
途中でたるみを見つけても、押えゴムを外して最初からやり直す必要はありません。
08
仕上げ前の微調整1

もし、四辺を張り終わった後に、たるみがある場合は、たるみのある部分のネットを上へ少し引っ張り上げます。(5cm程のたるみがある場合は、10~15cm程引っ張り上げてください。)

09
仕上げ前の微調整2

ネットを引っ張り上げたら、たるみがある部分のアルミ枠の外の余分なネットを左手で少し引き、たるみがなくなれば、持ち上げた押えゴムをローラーで再度押し込んでください。

10
余分なネットのカット

最後にもう一度、たるみがないか全体を確認していただきましたら、いよいよ最後の作業の余分なネットのカットです。せっかく、ここまできて、カッターできれいに張ったネットを傷つけないよう、もう一度、気を引き締めなおして取りかかりましょう!
まず、カッターの刃をアルミ枠の内側から外側に向けながら、押えゴムの入っている溝の外側に当てます。そして左手で余分なネットを少し引っ張りながらカッターの刃を引いてください。
(コーナー部のカットは注意してください)

完成
さあ、出来上がり!

みてください!みちがえる程、きれいで明るい網戸の完成です!(ご近所に自慢できるかも・・)